土壌肥沃度指標(SOFIX)に基づく土壌診断と「土作り」の処方箋

~有機農法に、経験や勘に頼らない科学の客観的指標を提供! 安全・安心・安定した農業を実現~

生命科学部 生物工学科

教授 久保 幹

この研究者の情報をみる

研究内容

《SOFIXとは》

農耕地の土壌の化学性・物理性の分析に加え、生物性=物質循環の分析に関する技術として、①総微生物量 ②窒素循環活性 ③リン循環活性 ④土壌バイオマス量など、19項目の実測値を明らかにする。

①総微生物量(総細菌数)

土壌中から微生物のDNAを抽出し、そのDNA量を指標として土壌1g中に何億個の微生物がいるかを測定する。

②窒素循環活性

土壌中のタンパク質などの窒素有機物は、微生物によりアンモニア態窒素(NH4+)→ 亜硝酸態窒素(NO2-)→硝酸態窒素(NO3-)と分解される。その過程で、重要なアンモニア酸化活性(NH4+→NO2-)、亜硝酸酸化活性(NO2-→ NO3-)および微生物量の値から土壌が持つ「窒素有機物を硝酸態窒素に変換する力」を評価する。そのデータは、三角形のレーダーチャートにして定量化する。

③リン循環活性

土壌中のリン循環においては、施肥された有機態リン酸(フィチン酸)から植物が利用できるリンへの変換が律速となっている。そこでフィチン酸をリン酸へと変換する力を評価する。

④土壌バイオマス量土

壌中の微生物の栄養分となる有機物量についての評価を行う。これは、その土壌が微生物にとって活性化していきやすい環境かどうかを示す。


●MQI(堆肥品質指標)およびOQI(有機資材品質指標)

「土づくり」のためには土壌の状態と併せて、使おうとしている堆肥や有機資材の分析も行う必要がある。その指標となるのが、MQI(堆肥品質指標)とOQI(有機資材品質指標)である。

MQIは堆肥の品質を正確に評価する。測定項目は、①通常の化学分析(硝酸態窒素、水溶性リン酸、水溶性カリウム、アンモニア態窒素)の4項目に、②有機物量の分析(TC:全炭素、TN:全窒素、C/N比、TP:全リン、TK:全カリウム)の5項目と、③堆肥中の微生物バイオマス量を加えた10項目。OQIは、有機資材の品質を正確に評価する。測定項目は、①上記4項目の化学分析と、②5項目の有機物分析。

●施肥設計

土壌微生物が活性化するTCおよびTNの量と比率(畑の場合)

①SOFIX分析により、その土壌の有機的環境を整えるのに必要とされる有機物の量(TC・TN・TP・TK)を明らかにする。

②MQI,OQIによって成分が明らかとなった堆肥や有機資材を、土壌微生物の 活動が活発になるように適切に投入する。

●受託分析・施肥設計・認証

SOFIX、MQI、OQIによる受託分析、施肥設計、SOFIXによる土壌認証は一般社団法人SOFIX農業推進機構で実施しています。

http://www.sofixagri.com/ TEL 077-599-4310

研究キーワード

土作り ・土壌肥沃度 ・有機農業 ・循環型農業 ・堆肥 

CONTACT

お問い合わせ

産学官連携活動一元窓口
立命館大学 研究部 BKCリサーチオフィス

TEL 077-561-2802 FAX 077-561-2811
MAIL liaisonb@st.ritsumei.ac.jp

研究・産学官連携のHPはこちら

研究者学術情報データベース