調和組織制御を利用した高機能材料の開発

~強さとしなやかさを両立する金属の材料の新しい組織制御方法~


理工学部 機械工学科

教授 飴山 惠

研究内容

金属材料は結晶粒を微細化することで強度が向上し、粗大化することで延性が改善するが、両立は困難とされている。
調和組織制御は、高強度を持つ一方延性に劣る微細結晶粒を、材料内の応力集中源にネットワーク状に均等分散させることにより、局所的なひずみの集中を回避し、強度と延性を両立させた。
本技術は、調和組織材料にさらに圧延+熱処理を施すことにより、微細結晶粒のネットワーク部を選択的に再結晶させ更に微細化した結果、微細結晶粒の体積割合を増大して高強度化を実現した。
組織制御のみによって強度が増加するこの手法は合金に多用されるレアメタルの削減につながり、リサイクル性の向上にも大きく貢献できる。

PDF

研究キーワード

高延性 ・構造用金属材料 ・組織制御 ・粉末冶金 ・高強度 

CONTACT

お問い合わせ

産学官連携活動一元窓口
立命館大学 研究部
BKCリサーチオフィス


産学連携のご相談はお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら

研究・産学官連携のHPはこちら

研究者学術情報データベース


TEL 077-561-2802 FAX 077-561-2811
MAIL liaisonb@st.ritsumei.ac.jp