キーボードのタッチタイピング技能を用いたウェアラブル文字入力インタフェース

~キーボードと同じ操作方法なのにキーボードいらず~

情報理工学部

准教授  村尾 和哉

研究内容

本技術はウェアラブル文字入力方式である。
キーボードを用いず、指の押下を検出するセンサを搭載した手袋型デバイスのみで構成されている。事前に訓練する必要がなく、かつ従来のキーボードと同等の文字入力速度を実現する。
キーボード型ではない文字入力デバイスを用いる場合、通常は複数のボタンの組合せで1文字入力する等の新たな入力方式を習熟する必要があるが、本技術は指の押下系列と既にユーザが体得しているタッチタイピング技術に基づく統計情報から、入力された文字列を復号する点に特徴がある。

PDF

研究キーワード

文字入力 ・インタフェース ・ウェアラブル 

CONTACT

お問い合わせ

産学官連携活動一元窓口
立命館大学 研究部
BKCリサーチオフィス


産学連携のご相談はお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら

研究・産学官連携のHPはこちら

研究者学術情報データベース


TEL 077-561-2802 FAX 077-561-2811
MAIL liaisonb@st.ritsumei.ac.jp