種々の未利用紫外線光源を用いた水処理技術の開発・高度化 ①

~様々な波長の様々な光源。水や空気をきれいなものに。~



理工学部 環境システム工学科

教授 神子 直之

研究内容

紫外線光源として広く用いられている低圧水銀灯は、253.7nmを主波長としている。ここでは、222nmおよび282nmを主波長とするエキシマランプも用いて微生物の不活化実験を行った。また、それ自体では不活化能力を持たない365nm主波長のブラックライトを同時に照射し、不活化効果への影響を調べた。その結果、222nm波長においてのみ、不活化効果が増大した。

PDF

研究キーワード

エキシマランプ ・クリプトスポリジウム対策 ・光回復抑制型消毒 

CONTACT

お問い合わせ

産学官連携活動一元窓口
立命館大学 研究部
BKCリサーチオフィス


産学連携のご相談はお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら

研究・産学官連携のHPはこちら

研究者学術情報データベース


TEL 077-561-2802 FAX 077-561-2811
MAIL liaisonb@st.ritsumei.ac.jp