本当にあなたのマウスは“もの”がみえているのか

~視機能再生を評価する新規視覚応答解析装置の開発~


薬学部 創薬科学科

教授 小池 千恵子

研究内容

網膜疾患の解析には、遺伝子改変技術が確立されているマウスが最も有用なモデルであるが、一般的にマウスは「目が悪い」と考えられてきた。したがってマウスを用いた視力測定は、非イメージ応答形成などいわゆる「視覚イメージ」ではなく、光そのものの検出に準じた方法が主流であった。本研究では「マウスがどれだけものが見えているのか」を明らかにするには「イメージ形成応答」を解析する必要があるとする考えから、多様なイメージを提示でき、またマウスがそれを「認知」できているかを解析できる装置を開発した。

PDF

研究キーワード

視覚 ・視力測定 ・マウス(遺伝子改変マウス) ・イメージ形成応答 

CONTACT

お問い合わせ

産学官連携活動一元窓口
立命館大学 研究部
BKCリサーチオフィス


産学連携のご相談はお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら

研究・産学官連携のHPはこちら

研究者学術情報データベース


TEL 077-561-2802 FAX 077-561-2811
MAIL liaisonb@st.ritsumei.ac.jp