安全な再生医療をめざす新規多能性幹細胞マーカー抗体の開発

~iPS細胞の品質診断・がん化の可能性のある未分化細胞を識別できる抗体の作成~


総合科学技術研究機構

上席研究員 川嵜 敏祐

研究内容

iPS/ES細胞を特異的に認識し、胚性がん細胞には反応しない新規単クローン抗体R-10GおよびR-17Fの作成に成功した。これらの抗体は、再生医療において安全で品質の高い移植細胞の調製に有用性が期待できる。

PDF

研究キーワード

ケラタン硫酸 ・ヒトiPS 細胞 ・再生医療 ・糖脂質 ・糖鎖エピトープ ・細胞傷害性抗体 

CONTACT

お問い合わせ

産学官連携活動一元窓口
立命館大学 研究部
BKCリサーチオフィス


産学連携のご相談はお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら

研究・産学官連携のHPはこちら

研究者学術情報データベース


TEL 077-561-2802 FAX 077-561-2811
MAIL liaisonb@st.ritsumei.ac.jp