マイクロ触覚センサによるサインの認識と応用

~Application of hand sign identification using multi axis tactile sensor~

情報理工学部

教授 野間 春生

研究内容

我々の開発したマイクロMEMS触覚センサはその直径が1mm以下であるという特長を生かし、これを人が触れる道具と指先の間に実装すれば、道具を使う様子を計測できる。このセンサの可能性のひとつとして、ペンの軸部にマイクロ触覚センサを実装し、指がペンに加えた力を記録する電子ペンを開発した。複数の被験者に同じ筆跡を書かせた結果を、SVMによるパターン認識処理を施した結果、筆跡毎にユーザの自動識別を可能とした。これを、サイン(署名)に応用すれば、同じサインを別の人が真似ようとしても、それを偽であると認識できる。

PDF

研究キーワード

MEMS ・触覚センサ ・個人認証 ・パターン認識 

CONTACT

お問い合わせ

産学官連携活動一元窓口
立命館大学 研究部
BKCリサーチオフィス


産学連携のご相談はお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら

研究・産学官連携のHPはこちら

研究者学術情報データベース


TEL 077-561-2802 FAX 077-561-2811
MAIL liaisonb@st.ritsumei.ac.jp