小形外科治療メカトロニクス

~低侵襲な検査治療のための小形医療機能機器の設計・製作・駆動~

理工学部 ロボティクス学科

教授 野方 誠

研究内容

腹腔鏡下手術やカテーテル手術に代表される低侵襲手術が普及する中、更なる低侵襲化や、狭所における繊細な処置を目指し、極細径の小型把持鉗子を実現するための小形外科治療メカトロニクスとして、「機構・機能」「設計」「製作」「駆動」に関する研究を行っている。

小型外科治療治療メカトロニクスの応用例

①血管カテーテル把持鉗子内視鏡把持鉗子筋生検鉗子

ダメージの小さい臓器外科治療のための術具の開発。外径1mmのマイクロ鉗子を搭載した血管カテーテル、腹腔鏡下手術で使う外径2mmの多機能内視鏡鉗子、外径1mm一体構造型把持鉗子、筋生検鉗子の研究開発、設計解析。

②内視鏡・鉗子駆動システム

軟性内視鏡を用いたマイクロ鉗子手術において、微細な組織把持、手の震えが非伝達な操作を実現するアクチュエータを用いた鉗子駆動システムの開発。

③体内ロボット

長期間体腔内に留置され、外部磁場により臓器表面を移動しながら検査や医療行為を行うマイクロロボットの研究。柔らかい臓器内で正確な位置決めのできるメカニズム、診断機能(臓器の硬さ計測)、治療機能(DDS)、移動用の磁場を発生させるシステム、移動シミュレーション、ロボットの挙動解析。

セールスポイント

低侵襲検査治療のための小形医用機器の機構機能の考案、設計試作、実験検証を行っています。腹腔鏡下手術用鉗子開発で、企業連携の実績があります。

研究キーワード

小形医用機器 ・低侵襲治療 ・腹腔鏡下手術 ・カテーテル手術 

CONTACT

お問い合わせ

産学官連携活動一元窓口
立命館大学 研究部
BKCリサーチオフィス


産学連携のご相談はお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら

研究・産学官連携のHPはこちら

研究者学術情報データベース


TEL 077-561-2802 FAX 077-561-2811
MAIL liaisonb@st.ritsumei.ac.jp